スモールステップでモチベーション維持

前回は、勉強するにも計画が重要というお話をしましたが、
具体的にはどのような計画を立てれば良いのでしょうか。

まずは、目標をきちんと設定します。
大学合格、資格試験合格など最終的な目標です。

ただ、常に考えておきたいのは、これは目標であり目的ではありません。
自分自身の目的のために目標があるわけで、
この目標が達成できれば良いというものではありません。

逆を言えば、目的のためには別の目標を立てる必要があるかもしれないのです。

そのあたりをしっかりと意識していないと、
何のために勉強しているのかわからなくなってしまうのです。

モチベーションというのはそれだけでも多くの書籍が出ているほど、
勉強を続ける上で大切なものです。

どんなに良い勉強法を知っていても、
その勉強法を続けるにはモチベーションが必要なのです。

さて、目的意識をしっかりと持ち目標を立てたら、
具体的な内容はもちろん、どんな勉強法でどのくらいの量の勉強をするのかといった計画を立てる必要があります。

その中で重要なのがスモールステップです。

モチベーションが重要という話をしましたが、
スモールステップの学習はモチベーションを上げる勉強法の一つです。

東大合格を目標として中学から勉強を始めたとしても、
そのために今何をすべきかわからなければ、何もできないのです。

今、近い目標のために何をするかを考え計画を立てるのです。

スモールステップで学習すると、
達成感が何度も味わえ、モチベーション維持につながるのです。

スモールステップは、「ちょっと大変だけど頑張ればできるレベル」にする事がポイントです。

計画の重要性

今回は、テストの勉強法について考えてみましょう。
みなさんは、テストのためにどんな勉強をしているでしょうか。

全く勉強していない人はともかくとして、
頑張っているのに成績が上がらないという人は勉強法が間違っているかもしれません。

まず、テスト勉強をする時に、きちんと計画を立てているでしょうか。

塾に通っている人は、塾でテストまでの学習計画表を配られるかもしれませんが、
それは本当にあなたにあったものなのでしょうか。

テストの計画とその結果を提出しなければならないから、
適当に書いているだけという人はいないでしょうか。

計画を立てずにテストを受けるのは、
地図も持たずに見知らぬところに旅行するようなものです。

何とかたどり着けるかもしれませんが、
到着が大幅に遅れるかもしれません。

それならまだしも、何もない山の中でガソリンがなくなってしまったらどうするのでしょう。

勉強も同じです。
理科の問題の解き方、途中までわかっていても〇はもらえないのです。
テストの日までに、何をするかきちんと計画を立てること、
勉強法以前に重要なことなのです。
その時、使える時間や自分の状況を考えて計画を立てることも重要です。

良いと言われた勉強法を真面目に続けている友人がいましたが、
いつも、時間が足りず中途半端にテスト日を迎え、
良い点数がとれないのです。

100点取るための勉強をしているようですが、
それには時間が足りない。

時間がないなら、自分が確実に点数がとれるところを目標として勉強すべきなのです。

単語を覚える順番は?

最近、中学受験が増えているようですが、
まだまだ、公立中学から高校に進学する人が多いのではないでしょうか。

そこで、今回は中学生が内申を上げるための勉強法について考えてみました。

前回、英語の勉強法として、音読のメリットをお話ししましたが、
内申点の事だけ考えるのであれば、英語はこの勉強法だけで大丈夫なくらいです。

教科書の訳を見ながら全て声に出して読める、そして書く事ができれば、
定期テストだけに関していえば問題ないはずです。

実際には高校入試の筆記試験では、英語は必ず課せられるので、
教科書を覚えているだけでは点数を取る事はできません。

教科書以外の内容が出題されるからです。

入試の対策については次回お話しするとして、
内申対策、まず英語の定期テストについては教科書を覚えてしまえば大丈夫です。

国語はどうでしょう。
配点の低い漢字でも覚えればすむものは、必ず満点を取れるようにしておきましょう。
覚える量といっても、定期テストの範囲なんてたかだかしれているのです。

そして、国語で古典が範囲の時は、英語と同じ方法をとります。

「音読」です。

そして、こちらは本文を見て、訳が言えるようになっておきましょう。
単語は、英語と同じように訳を見て古語を言えるようにします。

そして、英語でも古典でも重要なのは、「動詞」を覚える事です。

話の中で重要なのはまず主語と述語、
「誰が」「何をした」という事をまず理解しないといけないのです。

暗記のための勉強法に関しては以前もお話ししましたが、
暗記の勉強法も、順番が重要です。

まず、動詞から確実にして行きましょう。

英語音読勉強法

効率の良い勉強を行うには、普段の生活と関わりのある形で行うのが良いですね。

これは、「記憶」の部分で大きな影響があります。

効率の良い勉強というのは結局点数に結びつくものです。

つまり「アウトプット」できなければなりません。

いくら頑張って覚えても「アウトプット」できなければ、
それは、本当に覚えた事にはならないのです。

よく、試験の時に「覚えた事を忘れてしまった」という人がいますが、
それは決して忘れているわけではなく、思い出せない(アウトプットできない)だけなのです。

点数に結びつけるには、思い出せる記憶にする必要があります。

そのために普段の生活に結びつける事が重要なのです。

そこで、今回は英語の勉強法として、「音読」を取り上げたいと思います。

「音読」がどうして生活に結びついた勉強法なのでしょうか。

そう思われる方も多いでしょうが、
英語(国語も似たような部分がありますが)は、読めないけど知っている単語がたくさんあるからです。

例えば、中学生の英語の教科書、黙読したのでは意味が解らないような単語でも、
読めば解るものがたくさん載っています。

この勉強法は、まず音読する事が大切ですが、その時正しい発音で読む事が大切です。

この前、姪っ子に勉強を教えていた時、
「この単語何?『チルド』?」と聞かれました。
そこに書かれていたのは「child(チャイルド)」でした。
「チャイルド」と音読していれば、ここの訳は簡単だったはずです。
同じ文章のなかに「paint(ペイント)」という単語もありました。
音読の勉強法を続ければ、日本語として使っているカタカナ英語が役立つのです。

英語は単語から!!

小学校で英語が教科化されるなど、日本人なのに、どんどん英語が必要になって来ています。

昔から、「日本人の英語は通用しない」とか「英語は中学、高校で6年間やっても全くできるようにならない」といわれるなど、これまでの英語の勉強法はあまり良くないと思われています。

もちろん、「話す」「聞く」に関しては、これからまだまだ考えて行くことが必要ですが、
「読む」「書く」に関しては、これまでの勉強法を見直すことで、
ずいぶん「できる」ようになるのです。

特に、中学生の英語、高校受験の英語は、考え方を変えるだけで、ずいぶん成績を上げることができるのです。

英語の勉強法というと、どんな勉強法について考えますか?

英語の勉強は「単語」「文法」「長文読解」です。

その中で、まず大切なのが単語です。

英語は暗記科目ではありませんが、
単語を覚えてなければ、前に進むことはできないのです。

中学生で英語の成績を上げることができない人の多くには、
単語を覚えていない人が多いようです。

自分自身が普段使っている日本語について考えてみましょう。

まず、単語を覚えることから始まったのではないでしょうか。

そして、中学生で重要なのは、この単語の品詞を覚えていることです。

特に「動詞」についてはしっかりと覚えましょう。

国語でいつの間にか身についている助詞、副詞や助動詞・・・
となると難しいかもしれませんが、
まず、覚えている単語を増やし、それが動詞かどうかだけをしっかりと身につけることが大切です。

そこで、今回は中学生の英語の勉強法について考えてみましょう。

授業の受け方 理解する!!

最近、高学歴芸人が人気のようですね。

芸人さんですから、自分の勉強法を惜しまずしゃべってくれるのもうれしいです。

この前、テレビ番組の「アメトーク」で、
「勉強大好き芸人」が集まり、それぞれの勉強法を公開していました。

芸人さんというのは、高学歴でなくても、頭が良い人が多いので、
本気で勉強すればすぐに成績も上がりそうですが、
高学歴芸人さんは、実際に自分が持っている勉強法で、成績も上げる事ができた人たちです。

いくら良い勉強法を教えてもらっても勉強が嫌いでは成績を上げる事はできないでしょうが、子どもの頃に良い勉強法を知り、成績を上げる事ができれば、
勉強が好きになってどんどん勉強して、成績も上げる事ができるのではないでしょうか。

小学校の頃に知っておきたい勉強法としては、
東大卒の藤本さんとロザン宇治原さんの「ノートのとり方」です。

というより、授業の受け方と言った方が良いでしょうか。

授業中はとにかく、先生の話に集中する事が重要だと、藤本さんも宇治原さんも言っています。

藤本さんによれば、東大では授業中はノートをとらず、
授業後に板書を写真に撮る人が多かったそうです。

宇治原さんも授業中、ノートにとるのは要点のみ、
先生の話に集中する事を勧めていました。

実際にこの番組の中の実験で、宇治原さんはこの方法で授業を受け、
テストで98点とっていました。

ノートをとる事は悪い事ではないのですが、
勉強ではなく作業になっている事も多いのです。

授業を理解する事を第一に考えなければならないのです。

勉強の質とは?

今回はインターネットに載っていたある勉強法をご紹介します。

このサイトに載せられている勉強法では、ノートの使い方に関するものが多かったのですが、私が気になったのは「質を求めた勉強は失敗する。スピードのある勉強が成功する。」という記事です。

一般的に勉強と言えば質の良い勉強×時間だと思っていたのですが、
質を求めない勉強法って気になりますよね。

この記事によれば、勉強ができる人はスピードが違う、
だからこそ、速さを求める必要があるということなのです。

例えば、英単語100語を覚える時に、
1日に10語ずつ確実に覚えて10日間で完成するのではなく、
1日に100語一気に覚えて、2日目から9日目までは復習に時間を使う方が、
より確実に覚えられるといいます。

まず、スピード、そして質は後から求めるということなのです。

この考えには私も賛成ですが、
1日に100語一気に覚えて後は復習と言う方法が、
勉強の質として悪いとは思えません。

「暗記」ということから考えれば、何回も繰り返すことが鉄則ですから、
結果的に覚えられる勉強が質の良い勉強で、
良い勉強法と言えるのではないでしょうか。

覚えるものに関しては、スピードというより、確実に覚えられなくて良いから、一度にたくさんの量をインプットし、それを繰り返すことが重要です。

ただ、勉強には時間をかけなければならないものもあります。

算数や数学の問題は、基礎的な問題の時に、
公式を理解せず手っ取り早く暗記してしまうと、
応用問題になって、無駄な時間がかかってしまうのです。

勉強する力と勉強方法

勉強で大切なのは、目的を持ってやる事です。

もちろん、色々な事に興味を持って、好奇心のおもむくままに、勉強する事も良いでしょう。
それはとても楽しい事です。

ただ、そういった勉強は楽しいのですが、何かを生み出すためには時間がかかります。
こういった勉強は子どもの頃、幼児期や小学校低学年までにしておくべき事なのです。

「なぜだろう?」「どうして?」と疑問を持つ事、
それを調べる事、誰かに尋ねる事で、知らずしらずのうちに、
勉強するための素養、土台は身についていきます。

自由に勉強する、つまり、遊びと同じ感覚で勉強する事で、
将来、自分で勉強する力、つまり考える力が身についていきます。

ただ、良い勉強法というのは、効果的な勉強になるための方法、
短時間でできる勉強など、目的のためのより良いやり方の事なのです。

ノートの取り方を工夫する事で、勉強効果が上がるなら、
そのノートの取り方は良い勉強法と言えるでしょう。
また、より時間をかけずに知識を覚える方法があれば、それも良い勉強法なのです。

目的なく続く勉強は、時に素晴らしい発見をしますが、
結果を得られない場合も多いのです。

自分の興味のある内容なら続ける事ができるでしょうが、
どんな内容にも当てはまるわけではないのです。

もちろん、国語の勉強法、英語の勉強法というように、
何かに特化した方法もないわけではありません。

ただ、どんな方法にしても、
良い結果が出る方法が求められているわけです。

勉強する土台を身につけ、その上で、良い勉強方法を実践する事が大切なのです。

早朝勉強法が良い理由

最近、クイズ番組が人気ですよね。
高学歴芸人がもてはやされているようです。

オリエンタルラジオの「あっちゃん」で知られる中田敦彦さんは、
「PERFECT HUMAN」でも現在ブレイク中ですが、
高学歴芸人としても知られています。

その勉強法は驚くようなものばかりで、
睡眠時間を削るために眼帯をしたという話もあり、
とてもマネできるようなものではなさそうですが、
効果があったという早朝学習は、明日からでも取り入れられるのではないでしょうか。

午前3時から午前6時までの3時間を学習に充てるという勉強法です。

朝、起きるという事さえできれば、
集中できるし、テレビなど勉強を妨げるものもないので良いのではないでしょうか。

勉強は長くやれば良いという事ではありません。

質の良い勉強でなければ長時間やっても意味はないのです。

良い勉強法というのは、効率が重要なのです。

夜3時間やるよりも、朝3時間の方が集中できるのなら、
その方が効率の良い勉強になるわけです。

ただ夜中に勉強する時間を朝に持ってきてもそれ以外の勉強はどうすれば良いでしょうか。

以前にもお話ししましたが、昼に学校で勉強するとしたら、
学校に行く前の朝、そして学校から帰ってからの時間の使い方は考えるべきでしょう。

例えば、勉強法の中でよく取り上げられている暗記に関しては、
学校で習った事を当日復習し、翌朝再復習すると効果が上がるそうです。

早朝勉強法を試すなら、まず、昨夜覚えたものを復習し、
そのあと、集中して考える事が必要な勉強が良いそうです。

ノートの取り方が効率的な勉強に関係する理由

前回ノートの使い方を色々とお話ししましたが、
勉強法で重要なのは、アウトプットのための勉強法です。

インプットする場合も必ずアウトプットを考えたものである事が重要なのです。

ノートをどう書くかという事を前回お話ししたのも、
ノートをとる事ではなく、ノートを見直すためにどう書く事が必要かという事をお伝えするためです。

例えば、見直しやすいノートにするためには、
ノートを書く時にすでに頭の中で考える作業をしているのです。

講義を受けてノートをとる場合、つながりなどを考えないと良いノートにはなりません。
つながりを考えて講義を受ける事は、覚えるためにもメリットがありますし、
アウトプットしやすくなっているのです。

また、見直しやすいノートになっていれば、
何度も見ますが、1回目見る時より、2回目、3回目の見直しには時間がかからないはずです。

どこに何が書かれているかわかり、ノートを見るだけで、全体を思い出せるようになるわけです。

つまり、効率的な勉強法になっている事がわかるでしょう。

以前にもお話ししたように、勉強法と言うのは常に効率的でなければなりません。

見直せないノートは、書いても無駄だし、
もし、そのノートを見直すとすると時間がかかってしまうのです。

また、整理されてないものは頭の中でも整理されないので、
思い出しにくいわけです。

思い出しにくいという事は、アウトプットを考えず勉強するからです。

勉強した事が使えるためには、アウトプットを意識した勉強法が重要なのです。